リスティング広告を運用するための大切なポイント

通販サイトなどの集客を増やすために、リスティング広告を利用するケースは多いものです。SEO対策のようにサイト構築という間接的な作業を必要とせず、費用を払うだけで確実にサイトを表示してもらえるからです。けれども、このリスティング広告は集客すれば勝手に売り上げが増えるというものではありません。そこで選んだキーワードを使って、どのようにコンテンツを提供するのかが重要なポイントとなります。というのも、検索したユーザーの画面に表示されるサイトを訪問しても、欲しい情報が得られないと分かればすぐに離脱してしまうからです。つまりリスティング広告で落札したキーワードから、ユーザーがどんな情報を求めているのかを推測する作業が必要というわけです。その上で求められる情報を提供できるようなコンテンツを作成することになります。

またリスティング広告はキーワードによって料金に大きな違いが生じます。誰もが検索で使用するようなキーワードとなれば、相当の金額でなければ落札することはできません。中小企業や個人では、このようなメジャーなキーワードを落札することは非常に難しいと言えます。そこでマイナーなキーワードを考える必要がありますが、サイトで提供する商品やサービスとの関連性が高いものを選別することが大事です。さらに訪問したユーザーに適切な情報提供を行った後は、LPでのアクションを求めることになります。ここでは商品の購入や資料請求といったユーザーの行動を求めるもの以外に、他のコンテンツへリンクすることはありません。そのためにユーザーが決断を下さるようなLPを作成することも必要となります。このような作業には、実に多くのノウハウが求められることになります。そこで今話題のHPと執筆を行えるような外部委託を探すことが必要となります。これは単なるコンテンツの作成ではなく、ユーザーに行動を促すためのLP制作という極めて専門性が高い作業を頼むというものです。

このLPは、その前の段階におけるコンテンツで十分に商品価値を理解してもらうことで効果を発揮するものとなります。つまり前の段階でのコンテンツで、いかに訪問するユーザーが抱えている疑問点や悩みを解消できるかが大きなポイントになるというわけです。それを踏まえた上でLPの執筆を行うことになります。ここではあまり情報提供は行いません。代わりに提案する商品を購入することで、生活がどのように快適になるのかなどの利点をアピールすることになります。デメリットに関しても前のコンテンツで十分に提示することが大事です。その上でユーザーの利益となることをアピールするわけです。そしてその前段階のコンテンツでは、リスティング広告で購入したキーワードをどのように組み込むのかが大事かポイントになります。ユーザーはそのキーワードに高い関心を持っています。そこでどんな情報を求められるのかをじっくりと吟味することが必要になります。

もうひとつポイントとなるのは、リスティング広告では複数のキーワードを組み合わせるということです。1つのキーワードでは多くのライバルサイトが対策を立てているので、なかなか効果的に集客することができません。けれども複数のキーワードの組み合わせならば、全く同じキーワードの組み合わせで対策を立てる企業は少ないものです。無駄な競争をすることなく、ニッチなユーザーを呼び込むことが可能となります。入札金額も安く抑えることができますし、費用対効果は非常に高いと考えられます。そこで集まってユーザーはどんな悩みや課題を抱えてこのキーワードを選んだのかを想定することが必要になります。考えられる課題や悩みに対する的確な解決策を提示することによって、ユーザーはサイトに対する信頼感を高めることにつながります。こればLPでの選択肢を迫られる中で、安心して購入などのアクションを起こせる大切な要素と言えます。

これらはサイトの再構築も伴うことがあるので、専門業者に任せると安心です。サイト内のコンテンツ同士も、どのようにリンクを張れば良いのかを検討する必要もあります。様々な目的で訪問するユーザーに対して、どんなフローチャートでLPまでつなげれば良いのかを決めることも大事です。さらにリスティング広告からアクセスしてきたユーザーが、サイト内でどんな行動を取ったのかを分析する必要もあります。その結果を元にして問題点や課題があれば改善することが必要になります。このようにサイトは常にチェックを行い、集客から購入までの流れをスムーズにするように努めます。そのためにはLPの制作とコンテンツの執筆を継続して行える業者に依頼することも大切と言えます。もちろん運用を任せたままにするのではなく、必要なチェックは必ず行い、サイトの分析結果も吟味することは大事です。そして次第に社内で対応できるように、ノウハウを吸収することも大切です。