リスティング広告の運用とLPの関係

リスティング広告を運用していくにあたっては、クリック率を上げるとか、クリック単価をいかに安くできるかといった、広告出稿に関する力が必要になって来ます。しかしそのような広告の運用術とは別に、広告がクリックされた時に表示される、専用のLP(ランディングページ)の出来具合も重要です。優れたLPは成約率が高いですからそのようなLPを作れるか、という部分もリスティング広告を行う上で大事な要素になります。このページでは高品質なHPと制作についてをお伝えしていきます。

LPに訪れた人は、あるキーワードを検索した結果として広告をクリックしています。つまり、そのキーワードに関して知りたい情報があったり、強い関心を寄せているという事です。このことから、そのキーワードに即したLPを作ることが成約率を高めるコツであることがわかります。例えば、「ニキビクリーム 比較」というキーワードを検索した人は、ニキビ対策のクリームの効果や値段などを比較した情報を知りたいと思っていると考えられますので、複数のニキビクリームを比較した結果について詳しく書いてあるランディングページにする必要があるわけです。もしそうではなく、あなたが売りたいニキビクリームを推奨するページだったとしたら、訪れた方はすぐにページを閉じてしまうことになります。

このように、検索者は自分が知りたいと思っている質問に正確に答えてくれるページを望んでいますから、リスティング広告を打つ場合、キーワード一つ一つに対してそのキーワードに合ったLPをそれぞれ作るのが理想です。但し、キーワードというのは数十個から数百個と、多数あるものです。それらすべてのキーワードに対して、きちんとしたLPを作るというのは、大変な作業になりますし、業者さんに頼んだとしても、莫大な費用がかかってしまいます。

それでは、キーワード一つ一つに対してたくさんのLPを作らずとも、成約率の高い高品質なLPを作るためにはどのような点に注意すればいいでしょうか?それは、LPに訪れた人が、「買う」とか「申し込む」などの行動をしたいと思っている人であることを前提としたLPを作ることです。もちろん訪れた人の大多数は、ただ情報を知りたいだけの人が多いと思います。情報を知りたいだけの人は後々購入してくれる可能性はありますが、今すぐのターゲットではありません。

ターゲットとなるのは今すぐ「買う」とか「申し込む」などの行動をしたいと思っている人であり、そのような人は、クリックする人の中に一定数含まれています。その方達に、すかさず反応してもらうには一目見た瞬間に、欲しいと思っていたものを提供しているページだという事がわかること、そして次の段階として、ページのファーストビューでスクロールせずに購入や申し込みのボタンがあることが大切です。このことを意識してLPを作ることで、成約率は高くなっていきます。