効果の高いリスティング広告のコツとは?

web上に出す広告には様々なタイプの広告がありますが、その中でも効果が高いと言われているのがリスティング広告です。リスティング広告とは、YahooやGoogleなどの検索エンジン上でキーワードが検索された際、検索結果として表示されたページの、目立つ位置に表示される広告のことです。例えば「中古車 査定」というキーワードで検索した人は、自分の車を今査定に出そうと考えている可能性が高いですから、中古車の買い取り業者さんがこのキーワードで広告を出せば、成約する可能性は高いわけです。

但し、「中古車 査定」というキーワードは、成約する可能性が高い代わり、広告として出稿した際の競争率も非常に高いので、広告にかかる費用も非常に高くなります。もし、このキーワードが1クリックされるだけで1000円という値段が付いているのであれば、100クリックされれば10万円にもなってしまいます。よく検索される人気の高いキーワードであればある程、クリックされる回数も多くなりますから、かかる広告費は莫大なものになってしまいます。そのためいくら成約する可能性が高いキーワードだとしても、広告費倒れになってしまうこともあるのです。

では、広告費倒れにならずに効果の高い広告運用を実現するためにはどうすればいいでしょうか。まず一つ目は、クリック単価が低いキーワードを狙うことです。しかし、クリック単価が低いキーワードというのは、検索する人が少ない人キーワードなので、表示されること自体が少なくなってしまい、その結果成約もそれほどは見込めなくなります。ですので、クリック単価が低いけれど成約に結び付きやすいキーワードをいかに多く見つけられるかがカギになります。そのためには、多くのキーワードでテストを繰り返すことが必要です。

二つ目は、クリックしてくれた人の飛び先ページが、その場で申し込みたいと思うようなランディングページであるか、あるいはその場で欲しいと思えるような魅力的な商品であるかどうかがカギになります。あるキーワードを検索して広告をクリックした人は、その広告の内容に、非常に興味を持っている確率が高いので、ランディングページや商品に魅力があれば、申し込む可能性も非常に高いと思われます。商品自体を改善することは時間がかかることですが、ランディングページに関しては、いくつかのパターンを作って、どのページが成約率が高いのかをテストしていけば、最終的に利益を最大にしてくれるページを作り出すことができることでしょう。以上の2点を考慮することが、効果的なリスティング広告運用のコツとなります。