リスティング広告とその文字数と効果

リスティング広告の最大文字数はYahoo!とGoogleはだいたい同じです。ただYahoo!はふた通りのリスティング広告があるので微妙に違うところもあります。その文字数としてYahoo!プロモーション広告ポンサードサーチがタイトル1と2がそれぞれ30文字で説明文は80文字で表示URL:15文字×2つまででカウント方法は全角および半角カナで2文字で半角英数記号は1文字です。Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(略称YDN)がタイトルが15文字で説明文が33文字もしくは19文字×2つで表示URLは29文字以内でカウント方法と全角半角に関わらず指定通りの文字数でYahoo!ディスプレイアドネットワークが若干あっさりです。GoogleAdWords(グーグル アドワーズ)は広告見出し1と2はどちらも30文字で広告文は80文字で表示URLは15文字×2つはパス(2)はそれぞれ15字でカウント方法は全角2文字で半角英数記号1文字となっています。Yahoo!プロモーション広告とGoogleAdWordsはかつては文字数が違っていましたが現在はパス以外は同じになっています。

GoogleAdwordsについては2017年1月末からリスティング広告の標準テキスト広告のフォーマットで広告を作成することはできず拡張テキスト広告でのみ作成できる方針になりました。ただしすでに利用されている標準テキスト広告はまた継続して使用することが出来ます。それまでと違いとして広告見出しの枠が二倍になることや広告文の枠が半分になることパスという項目が追加されるといった変化により表示幅の狭いモバイル端末でも見やすい広告になっています。そのことにより増える傾向のモバイル端末利用者に対応したとされています。

リスティング広告と関連が強いHPと製作事例の傾向としては基本的に内容を完全にコピーしたランディングページは無い点です。これはリスティング広告の審査が通る作りにする場合に必要なポイントです。類似点があるページを作るならそのライディングページのみのオリジナルのコンテンツが80%以上ないとコピーしたページとして審査に落ちてしまいます。また審査に通ったとしても専用である為類似品のページの差別化を測ることでランディングページを杜撰に作ることはできにくくなります。その結果利用者に信頼性を強める結果を呼ぶのもメリットとなります。