リスティング広告でYahoo!とアドワーズの違いは

リスティング広告を利用する大手サイトにYahoo!とGoogleがあります。どちらとも広告出稿サービスのことです。Yahoo!ではYahoo!プロモーション広告と呼びGoogleはGoogleAdWords(アドワーズ)と呼ばれています。Googleの方はGoogle抜きで表現する方向です。この二つは同じサービスをしますが違いがありGoogleの方が項目が多く作ってあります。Yahoo!になくてGoogleだけの違いとして広告の掲載先が異なることや検索広告とディスプレイ広告の管理画面が1つにまとまっている点やGoogleAnalyticsなどとの連携が簡単でさらにそれらのデータを活用した配信が出来る点があります。そしてYahoo!プロモーション広告は日本のみですがGoogleアドワーズでは海外への広告出稿も可能と多機能な作りです。広告と同様に大きく分けて検索連動型広告とディスプレイ広告の2種類に分けているのは共通点です。

検索連動型広告とディスプレイ広告でリスティング広告を展開する場合掲載先が別々です。具体的には検索連動型広告はGoogle検索やGoogleショッピングだけでなくlivedoorやgooやBIGLOBEディスプレイ広告にまで掲載します。その仕様は検索するとその上位の上にリスティング広告が載る形です。一方ディスプレイ広告ではAdWordsの広告枠があるウェブサイトやモバイルアプリGoogleと連携しているYouTubeやGmailなどに掲載されます。AdWordsでの広告の掲載フォーマットは広告タイトル・説明文・URL等、文字だけで構成されたテキスト広告や画像に文字を入れて作られたバナーやアニメーション広告のイメージ広告や商品画像と商品に関するテキスト情報等で構成された商品リスト広告や動画形式の広告で連携しているYouTube等に配信することが出来る動画広告アプリ向けのアプリ広告と言ったフォーマットが挙げられます。AdWordsでは1日あたりに使用する広告費を自由に設定可能信したい人や場所を絞り込む機能もあります。

リスティング広告において化粧品のホームページのスマホ表示は重要なポイントです。傾向として化粧品はスマートフォンの方がパソコンの二倍の集客効果があるからです。ただしこのジャンルは薬事法に引っかかって審査落ちになりやすいので申し込む場合しっかり調べて制作することが必須です。